愛知工業大学トップページへ


基礎教育センター 自然科学教室
教授
金田 行雄
取得学位 理学博士
所属学会等 日本流体力学会、日本物理学会、アメリカ物理学会
職歴・研究歴 平成 6年 4月 名古屋大学工学部 教授
平成24年 4月 愛知工業大学基礎教育センター 教授
受賞歴 Super Computing 2002 Gordon Bell Award,(ゴードンベル賞)、平成21年度 文部科学大臣表彰科学技術賞研究部門、日本流体力学会論文賞(2011年度)、アメリカ物理学会Fellow(2011-) 、科研費審査委員の表彰(H25年度)
個人メールアドレス ykaneda[at]aitech.ac.jp  ※メールアドレスはSPAM対策のため「[at]」を「[at]」に変えて表示しています。メールを送信する場合は、お手数ですが「[at]」を「[at]」に変更してください。 ※メールアドレスはSPAM対策のため「@」を「[at]」に変えて表示しています。メールを送信する場合は、お手数ですが「[at]」を「@」に変更してください。
授業科目 工学基礎数理および演習、微分積分、微分積分I及び演習、微分積分II及び演習、微分方程式
研究分野(専門分野) 数理流体力学、計算科学, 応用数学
研究課題名 流体力学の数理
乱流の統計理論
計算科学
キーワード 流体の数理
教育・研究活動目標(メッセージ) 「分かりやすく」を心掛けています。
教育業績
・「流体力学:基礎演習シリーズ」裳華房 神部勉(編著)(平成7年9月) 金田行雄、石井克哉、後藤俊幸(執筆)
・「乱流の計算科学」 共立出版 金田行雄(編著) (平成24年7月) 金田行雄他、共著    
主な著書・論文
・Small-scale statistics and structure of turbulence - in the light of high resolution direct numerical simulation (2013,1) In ”Ten chapters in turbulence”ed. P.A. Davidson, Y.Kaneda, K.R. Sreenivasan, pp. 1--42. Cambridge University Press, Yukio Kaneda, Kouji Morishita ・Study of High Reynolds Number Isotropic Turbulence by Direct Numerical Simulation (2009.1) Annual Review of Fluid Mechanics, Vol.41, pp.165-180. Takashi Ishihara, Toshiyuki Gotoh, Yukio Kaneda
・Examination of Kolmogorov's 4/5 Law by High-Resolution Direct Numerical Simulation Data of Turbulence (2008.6) Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.6, Art. No.064401 (8pages). Yukio Kaneda, Junya Yoshino, Takashi Ishihara
・Energy dissipation rate and energy spectrum in high resolution direct numerical simulations of turbulence in a periodic box (2003.2) Physics of Fluids, Vol.15, No.2, pp.L21-L24. Yukio Kaneda, Takashi Ishihara, Mitsuo Yokokawa, Ken'ichi Itakura, Atsuya Uno
・Suppression of vertical diffusion in strongly stratified turbulence (2000.1) Journal of Fluid Mechanics, Vol.402, pp.311-327 Yukio Kaneda, Takaki Ishida
外部資金による研究概要(公的研究費等の競争的研究資金を含む)
研究課題名 研究年度 研究種目名
乱流境界層の統計理論 H26~ 科学研究費補助金(基盤研究C)                                    
乱流-非乱流境界面近傍の構造とエネルギー・物質輸送機構 H23~H25 科学研究費補助金(基盤研究C)
高いレイノルズ数の乱流における普遍性の計算科学的検証 H20~H22 科学研究費補助金(基盤研究B)
連携可能な研究テーマ
流体力学、計算科学
共同研究・受託研究実績
大規模乱流直接数値シミュレーションコードの高性能化及びその評価(H24~)
その他(社会貢献、特許取得状況など)
国際理論応用力学連合(IUTAM)Congress Committee 委員

ページトップへ

  • 組織別検索
  • 人名検索
  • 職名検索
  • フリーワード検索