愛知工業大学トップページへ


基礎教育センター 自然科学教室
教授
隅山 孝夫
取得学位 博士(理学)
所属学会等 日本数学会、国際数理科学協会
職歴・研究歴 昭和52年4月 愛知工業大学教養部 助手
平成11年4月 愛知工業大学基礎教育系 教授
平成12年4月 愛知工業大学基礎教育センター 教授
個人メールアドレス sumiyama[at]aitech.ac.jp ※メールアドレスはSPAM対策のため「@」を「[at]」に変えて表示しています。メールを送信する場合は、お手数ですが「[at]」を「@」に変更してください。
研究室TEL・FAX Tel 0565-48-8121(2978)  Fax 0565-48-6267(事務室)
授業科目 綿形代数Ⅰ・Ⅱ、微分方程式、基礎数学及び演習
研究分野(専門分野) 代数学(環論、群論)
キーワード ring, inductive limit, distance
教育・研究活動目標(メッセージ) 距離関数による環の分類、有限性をもつ環の構造
教育業績
・「微分積分学の基礎」(平成18年3月) 微分積分学の入門的解説書(単著)。本学工学部における「微分積分Ⅰ・Ⅱ及び演習」の講義で使っている。微分積分学の概説書であるが、積分に関する部分に感覚的な記述、図などを取り入れた点に特徴があり、学生の理解に役立っている。
・「線形代数学入門」(平成12年4月) 代数学の内容も含む線形代数学の概説書(単著)。本学工学部における「線形代数Ⅰ・Ⅱ」の講義で使っている。易しい演習問題を多く入れてあるので、問題を解く能力が上がるという教育成果が上がった。
主な著書・論文
・正整数上へのある作用の繰り返しの振る舞い, 第10回「代数学と計算」研究集会(於首都大学東京, AC2013), 平野康之, 隅山孝夫, (http://tnt.math.se.tmu.ac.jp/ac/2013/proceedings/ac2013_proceedings.pdf)
・On Wedderburn's theorem (2010) 愛知工業大学研究報告第45号 Takao Sumiyama
・On distance between finite rings (2003.2) Rings, Modules, Algebras, and Abelian Groups (Dekker Series of Lecture Notes in Pure and Applied Mathematics 236, Marcel Dekker, 2003), pp.431-436 Lkhangaa yuntsetseg and Takao Sumiyama
・On inertial subalgebras of certain rings (2001.6) Proceedings of the Third Korea-China-Japan International Symposium of Ring Theory (Birkhaeuser, 2001), pp.365-369 Takao Sumiyama

ページトップへ

  • 組織別検索
  • 人名検索
  • 職名検索
  • フリーワード検索